30年後も美観を保つ無機質塗装・追跡調査に裏付けられた圧倒的な耐候性

支承・道路橋

防錆塗装セラマックス工法が支承・道路橋等の予防保全に使用される理由

防錆塗装セラマックス工法は、橋梁、道路橋、支承、水管橋、タンク、プラント、海岸周辺の構造物、鋼製高欄などに予防保全等を目的として使用されています。その優れた機能をご紹介します。

1  高い防錆力

セラマックス工法で使用されるセラマックス塗料は、微小分子(分子量数百)の液体です。そのため、下地へ塗布すると、下地の1μmの微細孔にも浸透します。その後硬化が始まると触媒により低分子が高分子へ変化し、微細孔を完全に塞ぎます。それにより防錆塗装が可能となっているのです。(詳しくは防錆力|技術資料室をご覧下さい。)

2  塗装の劣化に強い超長期耐久性(紫外線劣化に強い)

セラマックス塗料は、無機質のアルコキシシラン化合物です。そのため主鎖は擬似ガラス質である-Si-O-結合です。この結合が、塗装の劣化を防ぎ高い耐久性を可能にしているのです。(詳しくは塗装劣化に強い耐候性|技術資料室をご覧下さい。)

3  工期短縮が可能 (1コートまたは2コート仕上げが可能)

セラマックス工法で用いるセラマックス塗料は、厚塗りが可能であり加えて少量で効果が得られるため塗回数が少なく、工期の短縮と初期コストの低減を期待することができます。(詳しくは工期短縮|技術資料室をご覧下さい。)

4  ライフサイクルコストの削減

耐久性が高く長寿命のため、ライフサイクルコストの面からも高い経済性を期待できます。

支承・道路橋等の予防保全事例と追跡調査結果

東京首都高速六本木
東京首都高速六本木の橋梁・支承 東京首都高速六本木の橋梁・支承
東京湾アクアライン管内橋梁塗装(平成26年7月)

機能保全・省工程・工期短縮・交通規制の削減の成果を残しました。

施工前 施工後
施行前 施工後
施工前 施工後
施行前 施工後

大阪市建設局 寿橋維持補修防錆塗装工事を施工しました。橋梁の老朽化の延命化を目的とした支承・端部の維持補修工事にセラマックス工法が採用された事例です。他の工法と比較して工期が短いこと、耐久性が優れていること、安価であることが評価されました。

施工前 施工後
施行前 施工後
施工前 施工後
施行前 施工後
施工事例 京阪電鉄萱島駅高架橋耐震補強工事

京阪電鉄社の萱島駅高架橋耐震補強工事を施工しました。工期が短いこと、無溶剤のため施工中に臭いがほどんど無いため周囲の環境にも優しく衛生的にも優れていることが評価されました。

施工前 施工後
施行前 施工後
阪神高速空港線・橋脚塗装補修工事

阪神高速株式会社様発注の阪神高速空港線・橋脚塗装補修工事の施工過程の写真です。(2010年9月)

工期25か所を1週間で施工。

道路橋:施工前 道路橋:ケレン・浮錆除去作業
道路橋:施行前 道路橋:ケレン浮錆除去
道路橋:下塗り完了 道路橋:上塗り作業
道路橋:下塗り完了 道路橋:上塗り作業風景
北大阪急行電鉄 江坂 H26年度 高架橋耐震補強工事 施工H27.1

下塗:セラマックス#1000AL 上塗:セラマックス#2000指定色

高架橋耐震補強工事 高架橋耐震補強工事
高架橋耐震補強工事
京王電鉄 めじろ台駅前ロータリー橋補修工事
橋補修工事 橋補修工事
大阪市建設局橋梁塗装工事 片江新橋 施工H26.11
施工前 施工後
橋梁塗装工事 橋梁塗装工事
大阪市建設局橋梁塗装工事 今福中橋 施工H26.11

1年毎に光沢を計測し、大阪市に提出しています。

施工前 施工後
橋梁塗装工事 橋梁塗装工事
大阪府和泉市側川橋塗装工事 施工H28.2

1年毎に光沢を計測し、大阪市に提出しています。

プリペントCR(無溶剤型二液性特殊エポキシ樹脂系防錆・防食剤)+フォックオー#7000(常温硬化型無機有機ハイブリッド塗料

施工前 施工後
橋梁塗装工事 橋梁塗装工事
施工前 施工後
橋梁塗装工事 橋梁塗装工事

セラマックスのカタログデータ

予防保全で使用されるセラマックスの商品別カタログデータをダウンロードできます。

商品名 カタログデータ(PDF)
セラマックス#1000AL PDFアイコン
セラマックス#2000 PDFアイコン
フォックオー#7000 PDFアイコン

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6647-3312 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 無機質コーティング協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.