30年後も美観を保つ無機質塗装・追跡調査に裏付けられた圧倒的な耐候性

耐候性・塗装劣化

セラマックス工法が塗装劣化(チョーキング)に強く耐候性・超長期耐久性を保有するメカニズムとは?

セラマックス工法で用いられるセラマックスは超長期耐久性・塗装劣化に強い塗料です。セラマックスは、無機系のアルコキシシラン化合物です。そのため主鎖は擬似ガラス質である-Si-O-結合です。この結合が、塗装の劣化を防ぎ超長期耐久性を可能にしています。

地上に達する紫外線の波長は290nmです。その結合分解エネルギーは85Kcal/molであり、従来塗料のC-C結合を切断します。そのため、従来の塗装では分解・劣化が進みチョーキングが発生します。

しかし、-Si-O-結合は紫外線の光エネルギーでは塗装の分解・劣化が発生しません。

なぜならセラマックスは、波長270nm以下、結合分解エネルギー104Kcal/mol以上の場合で塗装の分解・劣化が生じますが、紫外線より短い波長の太陽光線はオゾン層で吸収され、地上には到達しないからです。

このような理由で、無機系セラマックスを用いたセラマックス工法は超長期耐久性と塗装劣化に強いメカニズムを有しているのです。

塗装劣化に強いメカニズムの解説図

超長期耐久性・塗装劣化の強さを裏付ける試験データ

フッ素樹脂系、アクリルシリコン系塗料、ウレタン系塗料と無溶剤・無機質コーティング材を比較し、約20年相当の紫外線試験を行い、他の塗装工法と比較しても優れた高い耐久性と塗装劣化への強さが確認されています。

沖縄県宮古島における屋外暴露試験グラフ

塗装劣化に対する長期保証システム

長期保証

施工の品質管理を行わないと長期保証システムを組むことができません。品質管理体制・膜厚管理体制・施工管理体制などを一元化することにより、長期保証システムの意味があるのです。ライセンスを取得した会員の施工により被膜の白亜化(チョーキング)に対して10年間の保証を行います。

チョーキング・塗装劣化に関する追跡調査

「塗装劣化にどれほど実際に強いのか?」「チョーキング、割れ、剥離は生じていないのか?」
私たちが塗装した箇所について追跡調査を行っています。長い時間では、20年後の追跡調査結果もあります。それらは、セラマックスの超長期耐久性と塗装劣化の強さを裏付ける結果となっています。

本州四国連絡橋公団 早島六間川橋追跡調査

写真1 従来工法 施工10年後 セラマックス工法 施工10年後
本州四国連絡橋公団 早島六間川橋追跡調査の写真1 本州四国連絡橋公団 早島六間川橋追跡調査の写真2 本州四国連絡橋公団 早島六間川橋追跡調査の写真3
施工:平成7年2月
追跡調査日:平成16年11月(10年目の追跡調査観察)
塗膜:チョーキング、われ発生を確認した。 塗膜:チョーキング、われ、剥離はいずれも観察されなかった。
光沢の低下:殆ど無し(施工以降、外壁洗浄無し)
調査結果:飛散する海塩粒子の影響や紫外線、赤外線の影響を殆ど受けていないことを確認した。

セラマックスのカタログデータ

予防保全で使用されるセラマックスの商品別カタログデータをダウンロードできます。

商品名 カタログデータ(PDF)
セラマックス#1000AL PDFアイコン
セラマックス#2000 PDFアイコン

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6647-3312 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 無機質コーティング協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.